ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか?(中島義道、2008)

どうせ死んでしまうのに、なぜいま死んではいけないのか? (角川文庫)

こんにちは、お元気ですか?

今回は、わたしの好きな哲学者の本を紹介します!

 

中島義道さんはどういう人かというと、半隠遁してる人。って、よくわからないか(笑)

自分の時間を自分のために使うために、他人との関わりを最小限に抑えて「人生を半分おりた」らしい。親の法事にも出ないくらい、笑っちゃうほど徹底してる人です。

わたしの中では、ホリエモンに似てる部分があるんだよねぇ。自分と他人の区別がハッキリしていて、その区別も徹底してる。中島さんは他人を気にしすぎ、というか人間について深く考えるのがライフワークになっているから(まさしく哲学者)、ホリエモンとはだいぶ雰囲気が違うんだけどね。

 

中島さんの本も、ホリエモンの本と同じように、モヤモヤをスッキリさせる効果があると思う。

最近、他人の領域にズカズカ土足で入り込んでくるイヤ〜な人間とやり合ってウンザリしてたから、中島さんの本を読むことにしたんだよね。Kindleストアで探してたら、「どうせ死んでしまうのに…」って究極の問いが出てきて、単純に興味がわいたんでポチってみました。

 

 題名は重たいけど、内容はそうでもない。エッセイでは笑っちゃう部分もあるし、中島さんのお家があるウィーンの描写を想像すると、綺麗な所に住んでるんだなぁとうらやましくなる。そういうのに混ざって、死、というより生と死についての哲学的な話がある。

 

中島さんは、「論理的に考えれば、死んでは(自殺しては)いけない理由は何もない」と言っている。そのうえで、自殺してはいけない理由をこう述べている。

 

多くの自殺者は、本当は死にたくなかったのです。だからこそ、残された者はその気持ちを汲み取ってやれなかった自分を激しく責めるのです。だから、こういう形の自殺は、思考を停止し、みずからを徹底的に騙し、残された者を不当に苦しめるゆえに「悪」なのです。

 

「本当は死にたくなかった」というのは、当たり前のようで見落としてたなぁ…。だったら死んじゃダメだ、周りの人を悲しませるんだし。これはかなり的を射た言葉じゃないかと思う。

 

考えてみれば、すべての生物は必ず生まれたら死ぬんだけど、自ら死のうとするのは人間だけ。ということは、「死にたい」は人間に備わった、発達した感情や思考に端を発しているってことだよね。つまり、感情の問題でしかない。(注:病気の苦痛から解放されるための自死などは対象にしてません。)

 

さまざまな意味で人生に行き詰まった人は 、自分の感受性と信念とが満たされる場が与えられれば (獲得できれば ) 、さしあたり死ななくても済むのではないか ?多くの人は 、煎じ詰めると 、そういう場がないと悟ったから 、そういう場を求めることをあきらめたから 、死にたいのではないか ?そう思います 。

 

だとしたら、「死」なんていう必ず訪れる現象に身を委ねるより、人間にしかできない方法で抗ったらいい。中島さんみたいに、人生を降りてみたっていいんだよなぁ。

 

てな感じで、中島さんがなかなか陰気で笑えて面白い本なうえに、実践哲学書としても面白いので、オススメです!

 

 

多動力(堀江貴文、2017)

多動力 (NewsPicks Book)

毎日が楽しくない…と、最近また思い始めた。2、3年周期でこの時期が来る。

 

前回はホリエモンの「ゼロ」を読んで、「こんなつまらない時間で人生を埋めるわけにはいかん!」と奮い立った。結果として転職し、年収120万円UPしたわけです。すごいなホリエモン

そしてあれから3年経ち、また「こんな人生で落ち着くのは無理!」となっているわけです(笑)   そしてホリエモンへの原点回帰… 

 

何かにチャレンジしようとするとき、ホリエモンはいつも背中を押してくれるんだよなぁ。圧倒的な人の言葉はパワーが全然ちがう。

 

ということで、時間を1秒たりともムダにしないと決めました! 

今回は前回よりも大きな決断だけど、自分の人生を楽しむためには必要なことだから仕方ない!

 

たとえば、できるかどうかを悩むのは本当に時間のムダ。やってみないと、成功するか失敗するかも分からない。やってみないと、何がよくて何が悪いのかも分からない。つまり、ホリエモンの言うとおり、走りながら修正していくしかないんですよね〜。

 

誰でもサクッと読める分量にしてくれてるところも、さすがホリエモン。生活にマンネリを感じ始めた人は必読です!

世界を変えた10冊の本(池上彰、2014)

世界を変えた10冊の本

 もう9月も中旬に入りました。まだ汗ばむ日が続いてるけど、秋といえば読書!

ちょっと涼しい晴れの日は、公園のベンチでゆったり本を読むと、最高の気分ですよねぇ。

 

せっかく読書欲が高まる季節だから、普段は避けがちな名著にも挑戦したい! でもやっぱり難しそう… 即挫折しそう…

というあなた、まずこのガイドブックを読んでみてください✨

 

なんたってあの池上さんですからね〜。世界的な名著の説明も朝飯前って余裕が感じられる。あとがきを読むと、池上さんとしてはけっこう苦労したようですが。

 

例えば、聖書とコーラン。この説明を読めば、ユダヤ教キリスト教イスラム教の基本知識だけじゃなく、共通点とちがいもスッキリ分かる。ニュースの内容が理解しやすくなるのはもちろん。宗教はいろんな創作物のベースになってることが多いから、映画や小説もさらに楽しめそう!

個人的に新しかったのは、イスラム過激派の思想を形成したとされる「道標」という本の存在を知れたこと。どういう点でイスラム教から逸脱しているのか、とても分かりやすかった。この本の存在がもっと知れ渡れば、一般のイスラム教徒の人たちに対する根拠のない差別はなくなるんじゃないかなぁ。

 

さらに、基本中の基本の経済書を取り上げてくれているのがありがたい!

マックス・ウェーバーマルクスケインズフリードマン…1ページ開いただけで眉間にシワが寄りそうなイメージだったけど、池上さんが概観を教えてくれたおかげで、ちょっと抵抗感が薄れた。

 

あと、宗教と経済以外では、アンネの日記種の起源沈黙の春といった毛色のちがう作品が取り上げられているのもいいですね。宗教と経済は難しいという人でも、この3冊のどれかならチャレンジしようという気になれると思う。

 

わたしみたいに「あんまり知識ないけど教養を深めたい」というチャレンジャーにとって、“知識の地図”を与えてくれる池上さんは本当に心強い存在!

読みたかったけど手に取りにくかった本を読む前の、準備運動になりますよ⤴︎

 

Case 39 (Christian Alvart, 2009)

ケース39 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

エスターのパクり?と思ったけど、本来の公開予定はこちらの方が早かったようで^^;

 

児童福祉のソーシャルワーカーとして日々奮闘しているエミリー(Renee Zellweger)に、リリー(Jodelle Ferland)という少女の案件が舞い込む。リリーの家に面談に行くと、父親と母親の様子が明らかにおかしい。リリーも両親に怯えているようで、エミリーはリリーに電話番号を教える。
ある晩、リリーからの突然の電話を受けたエミリーは、急いでリリーの家に駆け付ける。そこでは、両親がリリーをオーブンで焼き殺そうとしていた。保護されたリリーにせがまれ、彼女を引き取る決意をしたエミリー。しかし、彼女の周囲で不可思議な事件や事故が起こり始め…

 

どうしてもエスターと比べてしまう…筋書きがほとんど同じだもんなぁ。公開延期が続いたせいで二番煎じのようになってしまって、気の毒だと思った。

 

子犬のようにかわいいリリーが徐々に本性を見せ始め、目が笑ってない笑顔で大人を脅し始める姿は圧巻。特に、エミリーの恋人ダグ(Bradley Cooper)と対峙するシーンは、見ているこちらも顔が引きつってくるくらいにイヤーな感じ。ていうか、ダグめちゃくちゃかっこいい…どこかで見たことある…と思ってたら、American Sniperのクリスだったんですね。インテリ役もステキっ。

 

甘く囁くような話し方がホラー向きかは別として(笑)、レニーってこんなに体を張るんだなぁというところは新鮮だった。ラストに向けてもうちょっと伏線張ってくれると、もっとグッと来たかなと思う。

 

 

イノセント・デイズ(早見和真、2017)

イノセント・デイズ(新潮文庫)

被告人席の田中幸乃に死刑が宣告された。元恋人の井上敬介に執拗なストーカー行為を行った挙句、彼の家に放火し、彼の妻と2人の幼子を殺害したという。否認することも控訴することもなく刑を受け入れた彼女は、いかにして死刑囚になったのか―

 

落胆するような安堵するような、何とも言えない感覚のラストだった。

 

物語は、田中幸乃の人生に関わった人々の視点から、彼女の人生の流れに沿って進んでいく。

彼女の人生の全てが描写されているわけではないけど、どういう道を辿って死刑囚に成り果てたのかは、十分に理解できる。

 

(※以下、ネタバレにつながる話をします※)

 

人生の責任が誰にあるかと言えば、間違いなく自分にある。

人生を制御する力のない子ども時代に起きた出来事、そしてそれから受ける影響や傷まで、その子のせいにするのはたしかに酷だ。それでも、大人になったのなら、幸せになりたいのなら、自分で乗り越えるしかない。

 

なんていう言葉は、強者のものだよなー。正しくはあるけど、誰もがそこまで強くなれるわけじゃない。

幸せになりたいという想いを何度も挫かれてしまったら、全てを放棄してしまってもおかしくないと思う。「絶望」は「死に至る病」であることを、幸乃は痛々しいくらいに体現していた。

 

彼女は幼い頃に受けた心の傷を埋めるために、人を求め過ぎてしまった。求めるが故に拒めず、「誰かを思いどおりにしたい」という人の欲求を受け入れ増幅させてしまう。そして、共依存状態が解けるたびに、彼女の傷は広く深くなってしまう。

 

彼女の傷を広げてしまった人たちもまた、弱者であったと思う。幸乃を傷つけたり救えなかったりした自分を直視したくないが為に、早く刑が執行されてほしいと願うくらいだから。

一緒にいたときは純粋に幸乃を求めていて、彼らなりにきちんと幸乃を大事にしていたわけだけど…人を求めるってどういうことなんだろう、完全に自分本位にならずに人と関わるって無理だよなぁ…と、やるせない気持ちになった。

 

現実の世界にも、自分を必要としてくれる人のために自分の人生を犠牲にしている人はたくさんいる。「誰かに必要とされたい」と渇望しながら、今日も自分を差し出してしまう。

 

幸乃はどうしたら幸せになれたんだろう…と、しばらく考え込んでしまう物語だった。

 

シンプルに生きる(Dominique Loreau、2016)

シンプルに生きる 人生の本物の安らぎを味わう (講談社+α文庫)

本気で身軽に生きたいと願う人は必読ですね〜。

 

ミニマリストのブログを読んでいると、さすがに有名な方々はもはや人生論にまで発展していて、本もよく読んでいらっしゃる。そこでよくバイブル的な扱いで出てくるのが、この「シンプルに生きる」なのです。

 

ミニマリストというと、断捨離やら持ち物やらインテリアやら、表面的な部分が取り沙汰されることが多い。かく言うわたしも、とりあえず所有物を減らしてみている段階である。

 

でも、根本には「自由になりたい」「身軽になりたい」という、むしろ精神的な欲求がある。デスクが汚くて仕事しづらいくらいの不満では、「机と椅子と布団だけ」の部屋には到達できません(笑)

 

この本を読んで驚いたのは、体のメンテナンスやストレス対策まで、生活に関するあらゆることが盛り込まれていること。

 

物質的な問題だけじゃなく、体の内側と精神の健康に至るまで"Simple is Best"を貫く、という姿勢。この一貫性こそがシンプルの極みである。人生のモットーがここまでハッキリしてると、ほんとに楽だろうなぁ!

 

ミニマリストの格言とも言える文章が盛り沢山で、わたしにとってもバイブルになりました。読み返すぞー。

 

 

もものかんづめ(さくらももこ、2001)

もものかんづめ (集英社文庫)

 まさしく、伝説のエッセイ集!

 

わたしには10歳上の姉がいて「りぼん」を買っていたので、物心ついたときにはすでにさくらももこは身近にあった。

アニメのちびまるこちゃんも嫌いじゃないけど、さくらももこが描いた話とアニメ用に他人が作った話だと、面白さが全く違うんである。でも、幼いわたしはその違いが何から来るのかよく分からなかった。

 

そして、時が過ぎて登場したコジコジ。言わずと知れた、超絶かわいい奇天烈謎生命体である。

少しばかり成長していたわたしは、コジコジを読んですぐさま、さくらももこの天才的な才能がどこにあるのかハッキリ理解した。

 

言葉選びのセンスだ…!

 

そして、その才能はこのエッセイ集で炸裂している。目次を見ただけでうかがい知れるところがすごい。

 

油断していたわたしは、「メルヘン翁」を丸の内のカフェで読んでしまった。洒落乙なOLたちが跋扈するカフェの隅っこで、わたしはブっとコーヒーを吹き出しそうになった。人前で読むのはとっても危険な本である。

 

気分が良くないときにパッと読めるように持ち歩きたい。派手さはないけど、それくらいの威力がある名著である。