ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

橋を渡る(吉田修一、2016)

橋を渡る

明けましておめでとうございます!

 

「読み初めはなんとなく選んだ本」というここ数年のルールに従って、今年も、実家に高々と積まれた母の本から1冊、なんとなく選んでみました。

 

去年は良くも悪くも追い立てられる日々が続いていて、本も実用書ばっかり読んでたんですよね。まぁ勉強になるし役立つんだけど、読書すら義務みたいになってしまって。

映画にしても音楽にしても美術にしても、現実逃避と言われればそれまでだけど、たまに現実逃避して何が悪いのか!という結論に至った。ストレス溜まって現実生活に支障が出るより良いですよねぇ。

ということで、今年は定期的に現実逃避をしていきたいと思います。ので、更新も増えるはず!

 

で、吉田修一さんの作品は全くの初めてなので、2018年1つめの初体験でした。おもしろかったー。

 名前聞いたことあるなぁと思ったら、「悪人」や「怒り」の作者さんなんですね。めっちゃ有名じゃん。どちらの作品も「落ち込みそう」という理由で、映画すら避けていました。お名前をググって作品名を見たとき、遂に対峙するときが来たか!という感じでした笑

 

「落ち込みそう」というのは、「善人が傷付く系の話なんだろうな」と察知したときに作動する防御壁みたいなものですね。だってイヤじゃん、善い人が傷付くのって。見てるとつらいけど、見て見ぬ振りもできないというか。小説はフィクションで結末も決まってるから、傍観者になるしかないってのももどかしいし(一体何がしたいんだ)。

 

今回の「橋を渡る」も、例に漏れず、なんだか善人が傷付きそうな雰囲気というか、人に平気で害を及ぼしそうな人が出てきて、うわーイヤだなーって思いながら仕方なく読み進めました(失礼極まりない)。

でもよくよく読んでると、誰かが極端に善いわけでも悪いわけでもない。そこがすごく現実的で、思いのほか淡々と登場人物のストーリーを読み進めることができた。

 

春夏秋の3つのストーリーが絶妙に絡み、どういうオチになるんだろうなぁと冬の章に入ると、かなり突拍子もない展開。唖然としながら読んでいくと、全てのストーリーが繋がり、思いもしない方向で人間の勇気と決断と良心を見せつけられることになる。不覚にも胸がカァっと熱くなった。

 

大小様々なスケールで、生命の重さを問いかけてくる作品だった。いやはや、新年早々良い読書でした!

 

残酷すぎる成功法則(Eric Barker, 2017)

残酷すぎる成功法則

胡散臭いタイトルですねぇ笑

 

「残酷すぎる成功法則」なんてタイトルは日本の出版社が付けたもので、英題はBarking Up the Wrong Tree(間違った木に向かって吠えている)です。無意味なことをしているっていうニュアンスかな。

 

ここで言う「間違った木」は、根拠のない成功法則のこと。引き寄せの法則だとか、自分に自信をもてばうまくいくだとか、GRITが大事だとか…

それって何か根拠あるの? 科学的根拠に基づいているの?というのが、本書のテーマです。


「成功」という言葉自体が日本では胡散臭いけども、起業して億万長者になるとかだけじゃなくて、仕事でうまくやるとか人生を良くするとか、それくらいの普遍性をもった本なのでご安心を!

 

で、具体的にどういう“迷信”について検討しているのかというと

 

第1章  成功するにはエリートコースを目指すべき?
第2章  「いい人」は成功できない?
第3章  勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?
第4章  なぜ「ネットワーキング」はうまくいかないのか
第5章  「できる」と自信を持つのには効果がある?
第6章  仕事バカ…それとも、ワークライフバランス

 

こんな内容です。うーん、聞いたことあるある〜って感じですよね。日本のニュース記事でもよくあーでもないこーでもないと議論されていて、結局どっちやねん!状態に陥っている話ばかり。
要するに、今までは「誰々がこうだった」「自分はこうだ」みたいな経験則ばかりで、誰も明確に根拠を挙げてこなかった、ということ。それをEric氏がまとめてやってくれた、という本です。まとめサイト読むより断然効率的ですよ。

しかも、ユーモアたっぷりで面白いからサクサク読める!

 

個人的には、「あーよかった」と安心したのが大きかった。成功法則とはいっても、一般的な倫理観とか道徳観からすごーく乖離してるってことはないんだな、と。これからは「バランスのとれた人」がうまくやっていけるんだろうなーと感じた。

 

今年は、色んな人たちがいる中で自分はどうするんだ、ってのをたくさん考えた年でした。

そしたら、周りを気にせず直感に従って決めたことには、自然と責任ももてるし前向きになれるんだってことがよく分かった。

 

チャレンジするかどうか悩んでる人は、2018年の読書初めに本書いかがでしょうか!

聖☆おにいさん(中村光、2012〜)

聖☆おにいさん(1) (モーニングコミックス)


久々投稿!と思いきやまた漫画。

いえいえ、このあと(久々に読んだ)普通の本のレビューもちゃんと書きます…

 

ブッダとイエスが下界に降りてきてバカンスを楽しむ様子を描いた漫画です。

 

「意外に、仏教とキリスト教の良い導入になるよ」と友に薦められて読んでみました。

うん、たしかに、完全にポップな漫画だけど、随所に仏教ネタやキリスト教ネタが織り交ぜられていて、ちょっとWikiでエピソードを調べたりなんかして、良い導入になった!

面白いしほのぼのしてるし、それでいて勉強になるなんて、良い作品です。

 

今年は例年以上に漫画を読んでみた。

今まで周りの人に薦められても後回しにしていたし、今も結構な割合で後回しにしているんだけど(笑)、少しでも興味を持ったら1巻くらい読んでみるというスタンスがちょうどいいと気付けました。

 

今年最後に4巻読んで、ほのぼの年を越そうかな♪

 

ちびしかくちゃん(さくらももこ、2017)

ちびしかくちゃん 1 (りぼんマスコットコミックス)

最近マンガしか読んでないなぁ。

久々に小説でも読もうかな。

 

丸善をブラブラしていたら、結局これを買ってしまった。

今はマンガモードなんだろうな…

 

主人公はまる子ではなく、しか子。ドジなのはまる子と同じだけど、気が弱くて気の毒な感じ^^;

 

そして、しか子の友人はたまちゃん、ではなくだまちゃん。

非常に性格の悪い子で、いつもしか子を笑い飛ばしたり陥れたりしている。

 

だまちゃんだけでなく、登場人物が全体的にちびまるこちゃんよりもクズになっている。

クズすぎて、笑えるか笑えないかスレスレの線を低空飛行している。このスレスレ感が、さくらももこの絶妙なさじ加減(笑)

 

「永沢君」で笑えた人は笑える可能性が高いかな…?

かなりシュールなので、子どもに読ませるのはオススメしません(笑)

MW(手塚治虫、1976〜‘78)

 

MW 手塚治虫文庫全集(1)

MW 手塚治虫文庫全集(1)

 

 

MW 手塚治虫文庫全集(2)

MW 手塚治虫文庫全集(2)

 

 

 

珍しく漫画続き。しかも手塚治虫

 

NHKの「100分de名著」という番組は知ってますか?

わたし伊集院光さんの大ファンで、深夜の馬鹿力(らじおとではない)も欠かさず聞いてまして、

伊集院さんが司会をしているこの番組も欠かさず見ているわけです。

 

この番組、通常は1冊の名著を4回に分けて読み解くんです。1回25分なので、1ヶ月で計100分。

で、年始は100分スペシャルで1つのテーマを扱うんですが、今年は手塚治虫スペシャルの再放送だったんです。

とっても濃いゲスト4名が、手塚治虫について語り合いました。

100分de名著スペシャル「100分de手塚治虫」2016年11月12日(土) 23時~深夜0時40分 Eテレ

 

やっぱり鉄腕アトムの話が多かったけど、中心からズレたところが気になる…というひねくれモードに入って、けっきょく丸善でMWを選びました!

 

梨園に生まれたエリート銀行マン・結城美知夫には、狂気の連続凶悪犯罪者としての顔があった。犯行を次々に重ねては、その後に教会を訪れ、旧知の神父・賀来巌のもとで懺悔を行う結城。2人は同性愛者として、肉体関係を結んでいた。

かつて結城は、少年時代に南国の沖ノ真船島(おきのまふねじま)を訪れた際に、同様に島を訪れた不良少年グループにかどわかされた経験をもつ。その際、同島に駐留する某外国軍の秘密化学兵器「MW(ムウ)」が漏れた。島民が相次いで変死する地獄絵を目の当たりにしたトラウマと、自らも毒ガスを吸ったショックから、結城は心身を蝕まれる。

不良グループの一員だった賀来とはそのときに出会い、賀来に強引に犯された。主従関係は変わっても、2人の奇妙な関係はその後も続いていたのだった。一方、沖ノ真船島の犠牲者たちは、外国軍および彼らと結託した政治家らの手によって跡形もなく処分され、島の秘密を知っているのは結城と賀来だけとなってしまう。

自分の心身の健康を奪われた結城は、当事者への復讐として数々の誘拐事件と殺人事件を繰り返した末にMWを奪い、全世界を自分の最期の道連れにしようとたくらむに至るー

 

いや〜ユニコみたいなかわいらしい絵を描く人がこの漫画を描いたとはにわかに信じがたい。全編にわたってドロドロしすぎ(笑)

この時代に同性愛とか政府批判とか、なかなかに挑戦的だよなぁ。そして巷に溢れる“マンガ”とは一線を画する重厚感!まるで小説を読んでるみたいな感覚だった。他の手塚治虫作品も読みたい!

 

ところで、ふと思い付いて、生きてる間にあと何冊本を読めるか計算してみました!

あと80年生きるとして(長生き!)、月に4冊読むとすると、

 

3840冊

 

しか読めない!少ない!!

 

ということで、読む本は厳選しないといけないなぁと気を引き締めたのでした。

 

君たちはどう生きるか(原作:吉野源三郎、漫画:羽賀翔一、2017)

漫画 君たちはどう生きるか

甥っ子姪っ子に読ませるのが待ち遠しい!

けど、1歳2歳3歳じゃまだまだ先かな(笑)

 

人間としてあるべき姿を求め続けるコペル君とおじさんの物語。

出版後80年経った今も輝き続ける歴史的名著が、初の漫画化!

 

原作者の吉野源三郎氏は、雑誌「世界」の初代編集長で、岩波少年文庫の創設にも尽力した人らしい。反戦の思いを強く秘めた作風が特徴とのこと。

漫画を書いた羽賀翔一氏は、2010年にちばてつや賞一般部門で佳作を受賞した漫画家さん。代表作は「ケシゴムライフ」。

 

歴史的名著の漫画化!ってやつ、以前はなかなか頑固に拒否ってたんだけど、最近は素直に受け入れるようになってきた。

特に、尊敬する人や好きな人に薦められたら、ほぼ即決で買う。今回は、糸井重里氏と池上彰氏がオススメしているということで、特に内容も調べずにポチった。素直!

 

まぁ、とにかく、何というか、良い本としか言いようがない。

読んでいて胸が熱くなる本なんて、なかなか出会えないからねぇ。

 

今回は原作じゃないんだけど、吉野さんがどれだけ真摯に原作本を書いたのかがよく伝わってきた。コペル君を見守って励ますおじさんのように、温かい気持ちを持って書いたんだろうなぁ。

この空気感を出せる羽賀さんもすごい!  おじさんがコペル君に宛てた手記の内容は相当哲学的だし、それなりの重みもあって独特の雰囲気なんだけど、羽賀さんの漫画が全くそれを邪魔してない。漫画には疎いわたしですが、こんな漫画があるんだなぁと新しい発見だった。

 

本当に、甥っ子と姪っ子に今すぐ読ませたい…!(しつこい)

情報が溢れかえって、何が真実で何が嘘なのかもよく分からない今だからこそ、色んなことを体験して感じて、どう生きるべきかを考えるのは大切なことだと思う。コペル君みたいに、失敗を糧にして正しい道を歩んでいける人になってほしいなぁ。

 

って、大人のアンタはどうなのよって言われないように、わたしもきちんと頭使わないとですね!

 

金田一少年の事件簿(天樹征丸/金成陽三郎、さとうふみや)

金田一少年の事件簿 File(1) (週刊少年マガジンコミックス)

月末になってしまった…!!

 

今月はほんと金田一を読んだだけという…いやぁ、やっぱりアラサー世代なら誰でも1巻は読んだことのある(真偽不明)という漫画は、ほんと掴みが強いですよねぇ。

 

ということで、言わずと知れた「金田一少年の事件簿」でございます。

 

名探偵・金田一耕助を祖父にもつ金田一一(はじめ)。勉強もスポーツもダメなうえに極端な怠け者という、落ちこぼれ高校生の典型のような彼だが、実はIQ180の超天才。

名探偵の血を引くだけあって、殺人事件の引寄せ力も天下一品。学校やら旅先やらで殺人事件が発生すれば、幼なじみの美雪はもちろん、警視庁の剣持警部や明智警視までも協力させて、確実に犯人の正体を暴いていく。

 

少年マガジンでの連載開始が1992年、堂本剛でのドラマ化が1995年だから、もう20年以上も前に始まった作品なんですよね。

 

兄がマガジンを買っていたし、金田一の単行本も全部買ってたから、小学校低学年だったわたしはもう中毒のように繰り返し読みまくってました。

もちろん、ドラマもリアルタイムで見ながらビデオに録り、次の週まで毎日見るという…病気だったのかな?笑

 

もともとホームズや乱歩を好きだったものの、ミステリー好きを決定付けたのは金田一かもしれない。

 

練りに練られたトリックと、犯人が人を殺めるに至ったストーリー。すごく本格的なミステリーだし、漫画だからこそのドキドキ感があって、今読んでも本当に面白い。

はじめちゃんって意外に偶然に助けられて事件解決してるんだな〜とか、お色家シーンめっちゃ多いなとか、改めて気付くことも多くて、それもまた面白い笑

 

子どもの頃にハマった人もそうじゃない人も、読んだら夢中になることまちがいなし!です!