ミニマリストの読書生活

ミニマリストを目指すアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

2015-07-30から1日間の記事一覧

教養としての聖書(橋爪大三郎、2015)

うーん、時間がかかった。そして結局あまり理解できなかった。あー意味不明!この本は、東工大名誉教授である社会学者・橋爪大三郎氏が2014年に行った、聖書を読む六回講座が基になっている。旧約と新約あわせて約50の書物(そんなに多いってこと自体初めて…