ミニマリストの読書生活

ミニマリストを目指すアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

ビジネス・実用

わたしのウチには、なんにもない。(ゆるりまい、2014)

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります (ホビー書籍部) 作者: ゆるりまい 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン 発売日: 2014/03/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る https://hont…

反応しない練習(草薙龍瞬、2015)

https://honto.jp/ebook/pd-series_B-MBJ-20476-120844293-001-001.html 人間関係の悩みの大半は、「求める心」から生まれる。 立て続けに人間関係の本を読んでしまった。どんだけ人間関係に悩んでるんだっていう笑 実際のところ、悩んでいるというか「もっ…

CAPTIVATE 最強の人間関係術(Vanessa Van Edwards, 2018)

https://honto.jp/ebook/pd_28973771.html 元コミュ障によるコミュ障のための最強コミュニケーション術! いや〜4月ですね。出会いの季節ですね。私のような人見知りにとっては死ぬほどつらい季節ですね! 思い返すと、いちばんつらかったのは高校の入学式…

1週間でごっそり捨てる技術(リタ・ポーレ、2016)

https://honto.jp/ebook/pd-series_B-MBJ-20016-121154179-001-001.html 空間まるごと浄化する<スペース・クリアリング>! hontoで100円になってたので購入。ブックオフより安いし物は増えないし、素晴らしい! 著者のリタさんはドイツ人。ドイツといえば…

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則(メンタリストDaiGo、2017)

https://honto.jp/ebook/pd_28810154.html 人間、時間も思考力も限界がありますから。 わたしはメンタリストDaiGoの本をよく読む。こう言うと、結構な確率で「へぇ〜…」と冷めた視線を受けることになる。 彼が変な服と変な髪型で、メンタリストとしてパフォ…

やめてみた。(わたなべぽん、2016)

【期間限定価格】やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方(漫画)の電子書籍 - 無料・試し読みも!honto電子書籍ストア やっぱり断捨離、奥が深いよねぇ。 以前から、「大好きな丸善に潰れてもらっては困る!」と思いながらも、「でも紙…

貯められる人は、超シンプル(横山光昭、2016)

お金を貯めたいなら、お金だけ見ててもダメ。 家計再生コンサルタントの横山光昭さんの本です。 ミニマリストを目指すようになってから、物が減った。 というのは当たり前なんだけど、物を買う頻度も減った。 買うまでにめちゃくちゃ厳選するから、考えてる…

残酷すぎる成功法則(Eric Barker, 2017)

胡散臭いタイトルですねぇ笑 「残酷すぎる成功法則」なんてタイトルは日本の出版社が付けたもので、英題はBarking Up the Wrong Tree(間違った木に向かって吠えている)です。無意味なことをしているっていうニュアンスかな。 ここで言う「間違った木」は、…

多動力(堀江貴文、2017)

毎日が楽しくない…と、最近また思い始めた。2、3年周期でこの時期が来る。 前回はホリエモンの「ゼロ」を読んで、「こんなつまらない時間で人生を埋めるわけにはいかん!」と奮い立った。結果として転職し、年収120万円UPしたわけです。すごいなホリエモン…

世界を変えた10冊の本(池上彰、2014)

もう9月も中旬に入りました。まだ汗ばむ日が続いてるけど、秋といえば読書! ちょっと涼しい晴れの日は、公園のベンチでゆったり本を読むと、最高の気分ですよねぇ。 せっかく読書欲が高まる季節だから、普段は避けがちな名著にも挑戦したい! でもやっぱり…

シンプルに生きる(Dominique Loreau、2016)

本気で身軽に生きたいと願う人は必読ですね〜。 ミニマリストのブログを読んでいると、さすがに有名な方々はもはや人生論にまで発展していて、本もよく読んでいらっしゃる。そこでよくバイブル的な扱いで出てくるのが、この「シンプルに生きる」なのです。 …

モバイルボヘミアン(本田直之×四角大輔、2017)

好きな時間に、好きな場所で、好きな仕事に没頭したい。 わたしが毎日考えていることです。働く大人なら、一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか。 本田直之氏と四角大輔氏は、「7つの制約スッキリサッパリ脱しましたけど、何か質問ある?」的な生き方…

ドラッカー流「フィードバック」手帳(井坂康志、2016)

Amazonレビューを鵜呑みにしてはいけません。 いやぁ…ドラッカーというワードとAmazonでの評価の高さに引っ掛かってしまいました。お恥ずかしい限りです。 ハウツー本なのに、高みを狙い過ぎてハウツー本になりきれていない。という致命的ミス! 正直、フィ…

内向型を強みにする(Marti Olsen Laney, 2013(原著発行2002年))

気持ちが悪い。吐き気がする。それに頭が痛い。 わたしは帰宅ラッシュの電車の中にいた。人が多すぎる。むっとした変なニオイがする。うぅぅ… 会社でも気分が悪かった。 365日咳をし続けているオジサンの咳払いがうるさくて、総務のオジサンが何度もわたしの…

人生を変えるドラッカー(吉田麻子、2016)

先日、ダイヤモンド社のセミナールームで開催された読書会に参加した。 個人で主催している読書会なんだけど、著者やゲストを読んだりして、毎回かなり価値の高い会を開いているらしい。すごいな〜! やりたいと思ったら、あとは実際にやるかやらないか選択…

GRIT やり抜く力(Angela Duckworth, 2016)

Kindleを静かにデスクの上に置き、右手で頬杖をついた。深く漏れる溜息。初めから終わりまで凹みっぱなしだった。 ここまで凹まされた本は生まれて初めて…見て見ぬふりをしてきた事実を、これでもかー!!このやろー!!とゴリゴリに突き付けられてしまった…

LIFE SHIFT(Lynda Gratton/Andrew Scott, 2016)

LIFE SHIFT、やっと読み終わりました。 リンダ本人の講演聞いたしぃと本の方は先延ばしにしてたけど、やっぱり本も読まないとダメね!情報量がパない。 「あなたはほぼ確実に100年以上生きますよ」 そう言われたとき、しかもそれが多くの客観的なデータから…

LIFE PACKING 2.1(高城剛、2016)

気温がグングン上がって溶けそうな日々が続いていますが、みなさんお元気ですか? わたしは、そろそろ今借りてる部屋の更新時期ということで、俄然テンションが上がってます。なぜって? もっとコンパクトな部屋に引越す絶好の機会だから…!ふふふふふ! え…

人生がときめく片づけの魔法(近藤麻理恵、2012)

遂に来ました。遂に、遂に、なんとぉ! Kindle Unlimited!!! 月額980円でKindle本読み放題というアレです、アレ! まぁ読みたい本が全部そろってるってわけじゃないけど、「駅チカの図書館に行くのすら面倒だし、重い本は持ち歩きたくないし、買うほどじゃな…

勝間式 汚部屋脱出プログラム(勝間和代、2016)

収納破産ポイント、NEAT(非運動性活動熱発生)、ものぐさコスト、逐次処理…?ある日のある本屋。わたしはこの本を手に取りながら、眉間にシワを寄せていた。今まで見た断捨離系、ミニマリスト系の本にはおよそ出てこない単語が並んでいる。勝間さん、さすが…

自分を操る超集中力(DaiGo, 2016)

都内の某高層ビル。大きなガラス窓で囲まれたオフィスの一角が私の仕事スペースだ。パソコン画面から窓の外に視線を移すと、真っ青な空に心を奪われる。この空は遠くの国まで続いているのね…と物思いに耽る。そう。今さっき、集中力が切れたのだ。昔から集中…

君はどこにでも行ける(堀江貴文、2016)

冷房の効いたマクドナルドでアイスコーヒーを飲む。何年前からか、ファストフードとコンビニの店員はほとんど外国人になった。話すことが決まっているから働きやすいんだろう。都内はどこも外国人観光客で溢れ返っている。高級ホテルの周りでは、様々な人種…

必ず書ける「3つが基本」の文章術(近藤勝重、2015)

Kindleをデスクに置き、コーヒーを口に含んで一息ついた。 この人、文章書くのがほんとに好きなんだろうな… 小さい頃から「書く」という行為には馴染みがあった。人にはその人に適したインプット法・アウトプット法があるというが、私にはそれが書くことなん…

僕は君たちに武器を配りたい(瀧本哲史、2011)

「やり直すには遅すぎるのか」会社勤めを始めてから、何度この言葉が頭に浮かんだだろう。大学4年生のわたしは、間違いなく人生最悪の時を迎えていた。他力本願がうまくいかなくなって二進も三進もいかなくなり、ストレスで不眠と拒食に陥った(クズすぎるw…

何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ(岩崎一郎、2013)

習慣にしたいこと 早起きこれは小学生の頃からの課題だ。20年間も達成できてないんだから諦めればいいのに…なんて冷たいこと言わないでください。前に「朝シャンにしたら必然的に早起きになる!」と気付いてしばらく続けてみた。でも、「キレイな体で眠る」…

フリーエージェント社会の到来(Daniel H. Pink, 2014)

成功したと言えるのは、朝起きて自分のやりたいことをやれる人だ いやはや、まさにそのとおりだと思いますよ、ほんとにね。いや〜ほんとにほんとに… と、めちゃくちゃ共感したことをすっかり忘れていた。半年前くらいにザーっと読んだんだけど、ブログに記録…

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか(二村ヒトシ、2014)

AV監督の本ってどんな感じなんだろう…と薄い色眼鏡をかけた状態で読み始めたこの本。ここ最近読んだ本の中でも、かなり深い内容だった。二村さんは女性主体の作品を多く手掛けているそう。「男に愛されたい、求められたいという欲求を満たすための行為では幸…

愛は技術(川崎貴子、2015)

日本に蔓延るロリコン男たちに辟易している女性の皆様。バイブルが出ました…!20代半ばから社長として走り続けながら、結婚出産離婚再婚出産と女としての経験も積みまくりの美女。それが川崎貴子さん。自称「女装のおっさん」だけど、女性を相手にする仕事を…

幸せになる勇気(岸見一郎×古賀史建、2016)

凄い本だった。圧倒されてしまって1回じゃ理解できなかったんで、1週間かけて読み直していたのです。前作「嫌われる勇気」を初めて読んだのは2年前。頭をガーンと殴られたような衝撃を受けた。あれからずっと、折を見て読み直しつつ、アドラー哲学を意識…

LIFE PACKING(高城剛、2014)

家具を捨てたい欲求が高まり過ぎて、引越しの計画を立て始めた。今よりちょっと狭い部屋に引越す予定。このまま物が減り続けたら、高城さんみたいに「生活をパッキング」できるようになるのかしらん…というワクワクが止まらなくなる本。高城さんの持ち物をデ…