ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

宮部みゆき「パーフェクト・ブルー」

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)

久々に読書した!また読書熱が上がってきた。

読み終わりました、宮部みゆき。だいぶ前に読み始めたんだけど、やっと終わった。すっごい序盤まで読んで休止してて、でも再開したら1日で読み終わった。

いやー面白かった。大満足!とまではいかないけど、東野圭吾のようなスベりとかなくて良かった。よくできた小説でした。

実際こんな事件があったらめちゃくちゃ重いけど、主人公が犬だったりして、全体的に読み易かった。ただの人間のごたごただけではなくて、社会的な闇みたいな要素も入っていて、緊張感もあった。貴志祐介もそうだけど、社会的問題が話に組み込まれてたほうが好きだなぁ。東野圭吾はそこが物足りないんだと思う、個人的だけど。

とにかく,面白かった!他の宮部作品も読みたくなりました。(昔、模倣犯は数ページで挫折したけど…)

今は貴志祐介「硝子のハンマー」読んでます。これもめっちゃ面白そう!