ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

東野圭吾「時生」

時生 (講談社文庫)

時生 (講談社文庫)

読書はしたいときにするもんだな。

また東野さんを読みました。面白かった!…と言いたいところだけど、貴志氏の後ではライトノベルかと思うほどに内容が薄く感じられてしまった。それこそ恋空とかのクソケータイ小説の後に読んだら、もっと感動し感心したかもしれない。

話自体は面白かったけど、深みが無かった。感動したけど、余韻が残らない。薄いから。もっと丁寧に感情描写すればいいのにと思う。

時生が拓実にさよならする場面なんて、あまりにあっけなくてビックリした。拓実と千鶴がさよならする場面も。あんなに執着して頑張って助けたのに、別れの場面はあの程度ですか…拓実の改心もすんなりしすぎだったし。東野さんにとっては、大事な場面じゃなかったのかなぁ。この程度の文章なら、高校生でも書ける人いそうだ。(アイデアを思い付くかは別としてね)

こういう軽いのを読むと、反動ですんごく重いのを読みたくなる。ドグラマグラ…そろそろ再開するか…でも電車の中じゃカバーかけないと読めないなぁ。