ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

小澤征爾「ボクの音楽武者修行」

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)

最近、登下校中に本を読む癖がついた。無駄なことで悶々としなくて済むし、良いことだ。

著者は、かの有名な「世界のオザワ」です。指揮者です。彼がまだ若い頃、ヨーロッパに指揮の勉強をしに行ったという話。彼はスクーターと一緒に貨物船に乗り込み、単身ヨーロッパへ渡ったのです。

こういう自伝のようなものは途中で飽きるのが常だったけど、この本は飽きなかったなぁ。パリが主な目的地だったようだけど、彼はアメリカやベルリンなどにもどんどん勉強しに行った。凄まじい行動力だった。自分の目標に向かってどれだけ行動できるかってことが、いかに重要か思い知らされた。

小澤氏が書く文章は、とても瑞々しい。感情が豊かで温かさのある文章だった。彼の人柄が滲み出ているのかもしれない。彼が作り出す音楽も、こういう雰囲気なのかなぁ。彼が家族に送った手紙も載っているのも、臨場感があって良かった。

小澤氏は活動休止してたような気がする。もうなかなかのご高齢だもんなぁ。エネルギッシュだけど。引退してしまう前に、一度はコンサートに行ってみたい!