ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

長嶋有 「猛スピードで母は」 (文春文庫)

猛スピードで母は (文春文庫)

猛スピードで母は (文春文庫)

珍しく流行りモノいってみました。

2編掲載「サイドカーに犬」「猛スピードで母は」

なんというか、ライトノベルですね!作者がライトノベルのつもりで書いたかどうかは別として。スピード感があって良かった。これくらい軽ければ、逆に抵抗無く読める。

話も、余韻は残らないけど面白かった。サイドカーに犬は、竹内結子主演で映画化されてたよね。映画は面白いか知らないけど、竹内結子は合ってると思う。

「猛スピードで母は」はラストの方がぼやけたかな。ぼやけたというか、失速したという印象。サイドカーに犬の方が最後までテンポが良かった。

他の作家も変にこだわったりしないで、軽い小説なら軽さに徹すればいいのにね。