ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

奥田英朗 「空中ブランコ」(文春文庫 お 38-2)

空中ブランコ (文春文庫)

空中ブランコ (文春文庫)

テストが終わって自由な時間ができたので、久々に読書した。そして、この本は面白かった!

伊良部総合病院の神経科にいる伊良部医師。すんごいデブで、タチの悪い子供みたいで、人の話も全然聞かないし、やたらビタミン注射したがるし、看護婦のマユミもやたらセクシーな白衣着てるし、もう絶対おかしいだろ!って感じなんだけど、訪れる患者は不思議と癒されて回復していく。

見ようによってはただのコメディにもとれるけど、患者の症状は滑稽なようで深刻(他人からしてみれば滑稽,本人にしたら深刻)だから、ただの娯楽では片付けられない何かがある。

こんなに笑えるのに、後に余韻が残るのがすごい。他の伊良部先生シリーズも読みたいなぁ。