ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

PRETTY WOMAN

プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]

プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]

正月に3本買ったDVDのうちの1本。ハリウッドのラブコメの王道ですね。

物語は、道に迷ったハンサム社長のEdward(リチャードギア)が、娼婦のVivian(ジュリアロバーツ)に声を掛けられ、ホテルまで案内してもらい、一夜を共にすることから始まる。ひょんなことからVivianを1週間雇うことになったEdwardは、天真爛漫な彼女に徐々に惹かれていく。Vivianもまた、Edwardの素顔を知っていくうちに、彼に恋をしてしまう。身分の違いすぎる二人、この恋の行方は…

といったストーリーで、まぁシンデレラストーリーの典型。ひねりは一切なし。

この王道中の王道といったストーリーを彩るのが、ジュリアロバーツの可愛さ!とにかく可愛い!喜んでいるとき、拗ねているとき、怒っているとき、誘っているとき…シーンによって表情がころころ変わって、Vivianという女の子を表面的ではなく、きちんと表現していると思う。

そして、Vivianを見守るリチャードギアも素敵。一見クールで他人に無関心な社長さんだけど、Vivianに弱みを曝して、徐々に人間らしさを見せていく。Edwardが人間として大きくなるっていうのも、伏線になっているのかも。

脇役のキャラクターも、この映画の大きな魅力。何も考えずに、単純に楽しめる作品。