ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

Superfly 「Superfly」

Superfly

Superfly

三島由紀夫を読んでいるので、しばらく本のレビューは出来そうにない。ということで、久々に音楽の感想を。

歌詞も音楽も外見も似たり寄ったりの女性シンガーが溢れている音楽シーンの中で、この強烈なパンチと抜群の歌唱力はかなり目を引きます。Superflyの1stアルバム。

4thシングルの愛をこめて花束ををはじめ、バリエーション豊富な楽曲をVocalの志帆が完璧に歌い上げている。基本的に私はそのときの感情を増幅させるために音楽を聴くので、音楽に元気をもらうという経験は記憶にないんだけど、この歌声には「活力」を頂きました。

彼女の情熱がガンガンに伝わってくる熱い作品。個人的にはもっとクールでセクシーな曲も聴いてみたいところ。