ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

人間は考える葦である

こんばんは。最近、午前3時を過ぎないと眠くなりません。

敬老の日は敬コタの日だと魚が決めたので、日頃の感謝を伝えるついでに誕生日プレゼントを渡してきました。(感謝を伝えた記憶はないけど)

そして、オックン&コタロー&魚&私というメンバーで飲みました。まぁ、このメンバーですから、あんな話こんな話そんな話をしてですねwwww みんなに呆れられてしまう場面もありましたが、私はみんなを「さすが!」と思ってました。

さすが、頭の回転が速いな、とね。

理科大にいたときから、というか、むしろ高校にいたときから感じていたんだけど、頭の良さと偏差値は絶対的にリンクしているものじゃないんだよね。ハッキリ言って、4年になるまで「理科大は9割クズだ」と思ってた。だから友達できなかったんだけどね☆

その中で、研究室で「賢い人」たちに出会えたのは、ほんと良かったと思います。研究室に配属されてから、私の受け皿も、しょうゆ皿からどんぶりくらいには大きくなったはず(´▽`)

私、バカに対してはかなり強い嫌悪感を抱いているので(危険思想に近いから具体的には言えないけど)、最近ほんっとにイライラしてたんだよね。塾の生徒とか、その他もろもろね。でもまぁ、私が怒りをぶつけても彼らの大脳新皮質が発達するわけでもないし、そもそもバカだから話わかんないだろうし、仲良くしてくれてる人たちはみんな賢いから、別にいいか♪って気になりました。みんな、ありがとー!

そういや、MSNの相談コーナーか何かで、「世の中を渡っていくには、ハードインテリジェンスだけでなく、ソフトインテリジェンスも必要だ」という話が載っていた。ハードインテリジェンスは、論理力で自分の意見を貫くための知性。ソフトインテリジェンスは、サラっと受け流す知性。

論理で考えるのが好きな人は、なかなか理論武装を解除できないよね。頭悪い奴に対して、「こーこーこーだからこーなるんだよ!なぜ分からん!」みたいになる。でも、そこでかるーく考えて、受け流せたら楽なんじゃないか?ってことですね、ソフトインテリジェンスとは。両刀使いになれたら、かなりかっちょいー人間になれるんじゃないかと思う今日この頃。