読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

ギターの構造

ギター関係

更新頻度めっちゃ高い(´▽`)

エレキギターとは、木製のボディに金属の部品を付け、鉄弦を張った楽器である。(そこからかよw) ピックアップによって弦の振動が電気信号に変換され、その信号がケーブルを通ってギターアンプに伝わり、スピーカーから音が出るわけだね。

エレキギターは、大きく3つのタイプに分類される。?フルアコースティック?セミアコースティック?ソリッドである。

フルアコは中が空洞で、生ギターにマイクを付けたもの。セミアコは、ボディの中央に木が詰まっていて、その左右は空洞になっている。そして、ソリッドは1枚板、もしくは数枚の板を接合したつくりで、つまり中身が詰まっている。フルアコは、アンプに繋がなくても結構大きな音が鳴る。

エレキギターの心臓部であるピックアップは、コイルで出来ている。その巻き数やピッチで音が変わる。例えば、巻き数を増やすと音量が上がり、また、ピッチを緩めると高音域がよく出るようになる。

センターピックアップでは丸い音、リアでは高音が強い明るい音、センター(ミドル)ではその中間の音がなるので、出したい音に合わせて鳴らしたいピックアップをセレクターで切り替える。

とりあえずはこんな感じか? これだけ分かるだけでもだいぶ違うなぁ。ギターって有名な楽器だから色々知ってる気になってたけど、意外に何も知らなかった私ww 間違ってるところや補足があれば、教えてくださーい。