ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

ギター探しへ

BJCの「ディズニーランドへ」っぽい題名にしてみた。こんばんは。

土曜日、新大久保&渋谷へギターを見に行ってきた。楽器を買いに行く場所といえば御茶ノ水、と思っていたので、ちょっと意外だった。でも、渋谷は見回してみると本当にたくさん楽器やさんがあるのねぇ。

もちろんお目当てはGretschのTennesseeRoseだけど、なかなか中古が売ってなかった・・・泣 でも! 新大久保のお店では、Tennesseanの中古が13万ちょっとで売っててビックリ(あれは確かTennesseanだったはず、ちょっと記憶が曖昧) 店員さん曰く、中古だとそれぐらいが相場とのこと。色はBenzieと同じ赤ではなくて、明るい茶色だった(左の写真と似た感じ) あ、ちなみにお店に置いてあったのはヴィンテージではないよ。Benzieが使ってるのはヴィンテージだけど、ウン十万するからね・・・レベルがちげぇよ。

で、Tennesseanあるならそっちのがえぇに決まってるし! しかも買えちゃうじゃん!と思ったけど、私には珍しく我慢しました。まぁそりゃ、伝家の宝刀「クレジットカード分割払い」を使えば買えるんだよ、確かにね・・・でも、私は我慢したのさ。エラーイ(´▽`)

新大久保のあとは渋谷の楽器屋さんを回りました。ピックアップのことを勉強したばっかりだったから、その種類による音の違いを実際に確認したりしてね。フロント、センター、リアにそれぞれ何が搭載されていて、セレクターでピックアップを切り替えると音質はどう変わるのか、とか。ちゃんと聴いてみると、全然違った。ほんと、奥が深いわ・・・。アンプをいじっても音が変わるんだけど、アンプはまださーっぱりだからねぇ・・・残念だったなぁ。そういや、椎名林檎で有名な「Marshall」は、ほんとに良い匂い。真空管の焼ける匂いらしい。

肝心の楽器は、というと、渋谷は中古のTennesseanもしくはTennesseeRoseがあまりなかったんだよね。新品はあったんだけど、20~40万円って世界なんで、さすがに伝家の宝刀も出せないし・・・(弱い) でも、Gretschのギターは結構たくさんあって、黒いかっちょいーのが9万くらいだったかな? 黒が大好きな私としては、それでもいいかなとも思う。そんな感じで、牛角食堂で肉モリモリ食べて帰りましたとさ。

今回よくわかったのは、渋谷の店員さんはイケメンが多いね!ってことだな。

あと、本格的にギターの基礎練を始めたんだけど、私の指筋が貧弱すぎることが発覚して悲しい。そして、その悲しみは苛立ちとなり、さらに怒りとなり、練習中に舌打ちしたりなんかして、非常に感じが悪いww 努力と根性という言葉が辞書に載っているのを見たことがない私には、かなりつらく険しい道になるかもしれない。でも、Blankeyを自分で弾くという世にも素敵な夢があれば大丈夫だと思う。

次に会う頃には、グラップラー刃牙の鎬昂昇みたいな指になっていることでしょう。アデュー♪