読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

Active or Passive Pickups

ギター関係

こんにちは~。二度寝したら、強制収容所のような所に送られるというヒドイ夢を見ました。ちゃんと早起きして、ギターなり英語なり勉強すべきだね。んでもって、ギターの練習をしたものの上手く出来ず、イライラしすぎて癇癪おこしそうになった。一体オマエはいくつなんだww 指先はごっつ痛いし、前途多難だ。

今回は、またもやピックアップ(PU)について勉強してみる。だって奥深いんだもん。でも、苦手な物理の匂いがプンプンしてきて、ちょっと怖気づいている私・・・そして、こういう難しそうな項目に限って、日本語のサイトが見つからないという現実・・・まぁ翻訳の勉強になるからいいけどさ。

PUには、activeとpassiveタイプがある。一般的に使われているPUはpassiveで、永久磁石とそれに巻きついたコイルから構成される。passiveは外部からの電力を必要とせず、電磁誘導のみで出力を生み出すことができる。出力の大きさは磁力の強さやコイルの長さと相関関係をもつが、それらを大きくすると同時に外部の電磁波(ノイズ)も拾いやすくなってしまう。

そこで、ノイズを減らすために開発されたのがactivePUである。activeはコイルの長さを短くするなどしてノイズを拾いにくくし、それによる出力の減少を補うためにプリアンプを内蔵している。プリアンプの他にも、濾波器やイコライザなどが内蔵されている。主な欠点として、電源を必要とすること、コストが高くなることが上げられる。一方で、ノイズを減らすことで、よりクリアで原音に近い音質を生み出すことができる。はっきりとした音を出せるので、エレキベースで人気がある。

EMG, Inc.が製造しているEMG85は、activeのハムバッカーで、Alnico5磁石を使用しているのでセラミック磁石を使っているものより温かみのある音が出る。対になっている2つのコイルは別々の出力をもっており、それがプレアンプの中で統合される。EMG85は、EMG81と一緒に用いられることが多い。

物理っぽいところは出来るだけ避けてみた(´▽`)

そんなことより、EMG85の写真を探していたら、何かのバッテリに触れたせいで指先の肉がえぐり取られたような状態になっている写真が出てきた。重度の火傷で肉が脱落したんだろうけど・・・死ぬほど気持ち悪い。悪趣味な写真出すなよーー泣