読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

Sugi Musical Instruments Ltd.

ギター関係

こんにちは。やっと風邪が治ってきたぞー。って、丸々1週間かかってるし(´д`) そんなこんなで、11月。大学を去ってから8ヶ月も経つんだなぁ。学校が再開したせいもあると思うけど、突然昼の生活に戻ろうと考え始めた今日この頃。なんというか、バイトするなら翻訳関係の仕事するほうが要領良いんじゃないかということに気付いたww とりあえず、生徒の受験が落ち着く頃に転職(?)できたらないいなぁ。

今日は、ギターマガジンを見て度肝を抜かれた「Sugi Guitars」をご紹介。

どーだどーだ、かっこいーだろ(´▽`) って、もちろん私が作ったわけではないけど、日本人として自慢したくなるギター。Sugi Guitarは、MADE IN JAPANです。

Sugi Musical Instruments Ltd.は、長年フジゲンでギター製造に携わってきた杉本眞さんが、2002年長野県松本市に設立した会社。ギターの他にベースも作っている。現在スタッフは杉本氏を含めて6人。Sugi Guitarは材にこだわってるなぁ、というのはギターから見受けられることだけど、稀少材を使用していることで有名。材の買い付けは、杉本氏が現地に出向いて行っている。(ギターマガジンでもその様子を取材している)

まぁ・・・かなりお高いギターですねぇ・・・安めのやつで35万以上ですからww 上の写真は一般市場向けに出しているモデルだけど、今はオーダーメイドのほうが多いとか。ハイエンドでも全国区で需要があるんだから、それだけ上質のギターを作ってるってことだよね。

ではでは、写真を載っけた3本の仕様をどうぞ。左からね。ちなみにピックアップは全てSugiのオリジナル。

  1. DS499R ASH/AT/S-H/MBK:ボディSwamp Ash、ネックAqua Timber Maple、指板Rosewood、スケール314mm
  2. DS500C QM/CBM/CHA:ボディトップQuilted Maple Carved Body、ボディバックMahogany、ネックRecovered Maple Flat-sawn neck、指板CocoboroまたはFlame Maple、スケール24.7inches
  3. SH485E RBR:ボディトップMahogany(ホロー・チェンバー)、ボディバックSapele Mahogany、ネックMahogany(angled head-stock)、指板Ebony、スケール24.7inches
Cocoboroは、Brazilian Rosewoodよりも赤みがかった明るい色柄の木材だけど、音の特性はほぼ同じらしい。Sapele MahoganyはHonduras Mahoganyより重硬な木材で、乾燥後の狂いが少ない。

楽器ごとに全然違う音になりそうだなぁ。Sugi Guitarを買える人、そして弾きこなせる人には、すごく楽しいんじゃないかと思う。私はどっちでもないけど・・・(´з`)

こらからも素晴らしいギターを世に残していってほしいですね!