読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

ギターの音階(スケール)と音程

ギター関係

こんにちは。なんだか最近お金を遣いまくってる気がするなぁ。破産しちゃったりして笑 ま、とりあえず明日PONTIACSのアルバムが届くから、良いとしよう。

ギターを買って練習をしているわけだけど、あまりスケールやらコード進行やらを理解していないので、勉強してみちゃうぞ。

まずは、超基本的なところから。日本で一般的に使われている「ドレミファソラシ」はイタリア音階で、英語音階では「CDEFGAB」が対応している。これらの音を半音上げるときは♯、半音下げるときは♭をつける。♯がついている音をメジャー、♭がついている音をマイナーという。


  • メジャー・スケール(長音階):全音階の1種で、度音と度音、度音とオクターブ上の度音の間が半音になっている音階。CDEFGABC

  • マイナー・スケール(短音階):全音階の1種で、度音と度音、度音と度音の間が半音になっている音階。ABCDEFA


続いて、音程について。音程とは、2つの音の高さの隔たりのこと。ふつう7音音階で考えられ、1〜8度の度に分類されたうえ細分化される。度の数え方は、?音程を求めたい2音を7音階上に置く?♯や♭は無視して、2音とその間にある音を数え上げる。例えば、CとEならCDEなので3度。さらに細分化すると、以下のようになる。

  • 1度:2音の隔たりがない(ex. CとC)。臨時記号なども同じ場合、完全1度という。

  • 2度:2音間に、半音1⇒短2度/半音2⇒長2度

  • 3度:2音間に、半音3⇒短3度/半音4⇒長3度

  • 4度:2音間に、半音5⇒完全4度

  • 5度:2音間に、半音7⇒完全5度

  • 6度:2音間に、半音8⇒短6度/半音9⇒長6度

  • 7度:2音間に、半音10⇒短7度/半音11⇒長7度

  • 8度:2音間に、半音12⇒完全8度(オクターブ)


また、長or完全から半音広い音程に増、2半音広い音程に重増をつける。長or完全から半音狭い音程に減、2半音狭い音程に重減をつける。

  • 絶対協和音程:完全1度、完全8度

  • 完全協和音程:完全4度、完全5度

  • 不完全協和音程:長短3度、長短6度

  • 不協和音程:長短2度、長短7度、その他(増、重増、減、重減)


とりあえず、ここまで・・・ありがとうWikipedia! ありがとうイケメンJimmy Wales! 笑