読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

Kurt Donald Cobain(Nirvana)

ギター関係

こんにちはー。最近は英語の勉強に力を入れているので、ブログの更新が滞っちゃうわ。この前のTOEICは、前回に比べてかなり手応えがあったんだよね、800点以上いくといいなぁ☆

ところで、今日はFNS歌謡祭でした。毎年なんとなく見てるんだけど、今年はとにかくバック・ミュージシャンのギターが気になって仕方が無かった。だって、どれも木目が凄いんだもん! やっぱり木目は大事よねぇww その他に気になったのは、じょんて★もーにんぐ(JONTE'★Moaning)という黒人の男性ダンサー。何、あの人! ダンスのキレが半端じゃないし、脚の美しさも半端じゃないww 出演してた日本の歌手の誰よりも目立ってたと思う。

さて、ブログはしばし休憩モードだった私だけど、ギターの練習は毎日やってるんだよ。ピアノ習ってた時ですら毎日練習なんかしてなかったのにねぇ。で、練習してる曲はNirvanaSmells Like Teen Spiritなんで、今日はKurt Cobainを調べちゃう。

えぇ、イケメンです。

Kurt Donald Cobain:1967. 2. 20 - 1994. 4.5(享年27歳) 出身は、ワシントン州アバディーン(Aberdeen, Washington, U.S.A)。言わずと知れた、グランジ・バンドNirvanaのボーカル兼ギター担当。

幼い頃はThe Beetlesから強い影響を受け、その後はLed ZeppelinAC/DCAerosmithQueenなどの影響を受けた。また、Sex Pistolsからも多大な影響を受け、パンク・ロックに目覚めた。さらに、高校在学中に知り合ったBuzz Osbourne(the Melvinsのボーカル兼ギター)からBlack FlagやFlipperなどのハードコア・パンクバンドを教えられ、これらからも強い影響を受けた。

Nirvanaの結成は1987年で、1988年にデビュー。1989年にインディーズ・レーベルからアルバム「Bleach」を発売。その後1991年にメジャー・デビュー・アルバム「Nevermind」を発売し、大成功を収めた。アンダーグラウンド志向だった彼はこの大成功や自分に対する世間のイメージと葛藤し、メジャー2作目の「In Utero」で原点回帰を図った。だが、その後も葛藤は続き、次第にドラッグに溺れていった。1994年4月5日、ショットガンで自殺。

主に使用していたギターは1965年製のFenderJaguar。ボディはAlder、ネックはMaple、指板はRosewood。本来のJaguarはシングル・コイル×2だが、Kurtのギターでは両方ともハムバッカーに交換されている。その他にも、ピックアップ・セレクターやブリッジなどにも改造が施されている。

練習している感じだと、技術的にはあまり難しいことはないと思う(まだ1曲目だから断言はできないけどww)。80年代に流行したメタルから離れた音楽を作っていたわけだし、技術どうこうではないギタリストといった印象だな。じゃ、動画はSmells Like Teen Spiritで。耳コピしてみてねー。

[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=hTWKbfoikeg]