読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

資格を取ろう

日常

こんにちは!

さっきNHKで宇多田ヒカルの特集を見たら、すっかり切ない気分になってしまった。なんせ12年前のデビュー当初からずっと好きで、宇多田ヒカルの歌と一緒に育ったようなもんだからなぁ。彼女の人間性も好きだ。表舞台から姿を消してしまうのは、やっぱり悲しい。

宇多田ヒカルが人間活動に専念するから私も! ってわけじゃないけど、最近やっと地に足が着いてきたというか、ちょっとずつ真面目に将来を考えようかなって気になってきた。

そこで、資格を取ることにした。「知的財産管理技能士」だよん。国家資格だよん。

ここ数年、「いつ死んだっていいもんね~ヘラヘラ~」ってほとんど人生捨ててたもんだから(どうなんだソレ)、生きていくっていう実感が完全に消え失せちゃってたんだよね。刹那的思考が癖になって、そうなると何に対しても本当に本腰入れられない。頑張ろうと思ってもどこかフワフワしてるから何をやっても中途半端で、もう自分ダメじゃんって思って、どんどん何もやらなくなる。どんどん将来を考えなくなる。これぞまさしく悪循環! ワーオ(´▽`)

ここまで来ると意識改革をするしかないわけで、大学出て無理やり「将来を考えざるを得ない状況」に身を置いてセルフ・リハビリをしてたわけですね。実はね、何気にねww しばらくはストレス溜まりっぱなしでマジ死ぬかと思ったけど、最近になって効果が出始めたっぽい。思考の癖ってのは実在するらしい。

この前から色々考えて・・・ってほど考えてないけど、特許翻訳を仕事にしよう、ということに決定した。ま、大事なことはいつも直感で決めてるから、今回もほぼ直感ww 「特許とか知的財産の知識はあったほうが好かろう」と思いつき、どうせ勉強するなら資格とるか、という流れになった。弁理士になるほど勉強できる自信がないから、知財管理技能士ww

3~1級まであるから、順々に取ります。1級は結構ガチらしいから、せめて2級までは順調にとりたいなぁ。

つーか、ギタリストのための楽典がどこにも売ってない。