ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

アウトレイジ

アウトレイジ [DVD]

アウトレイジ [DVD]

私個人としては、映画館に2回観に行き、DVDも何回も観てるくらいに好きな作品。「全員悪人」というインパクト満点の宣伝をしていた、北野武作品。

巨大暴力団組織・山王会組長の関内北村総一朗)は、直参である池元組組長・池元國村隼)が山王会直系ではない村瀬組組長・村瀬石橋蓮司)とつるんでいるのが気に入らない。山王会若頭の加藤三浦友和)にそう伝えられた池元は、配下の大友組組長・大友北野武)に、村瀬組を締め付けるように言いつける。こうして、容赦ない権力闘争が幕を開けた―

要するに、ヤクザ映画。なんだけど、仁義とか人情とかそういうものはほとんどなく、ただ本当に全員が「悪い」。北野監督が言うとおり「エンターテイメント作品」に仕上がっている要因は、この徹底ぶりだと思う。登場人物に合わせて種類の違う「悪さ」が設定されていて、それも面白い。かっこいいような悪いような、怖いような滑稽なような、北野監督ならではの絶妙なサジ加減。作品全体に漂う妙に乾いた空気にも、私は病みつきになった。

話題になった暴力シーンは・・・痛いのが苦手な人は直視できないかも。