読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

本田勝一 「日本語の作文技術」

新装版 日本語の作文技術

新装版 日本語の作文技術

翻訳の勉強の一貫として読んでみた。

「読む側にわかりやすい文章を書くこと」を目標として、修飾の仕方や句読点の打ち方などについて、ルールを考察している本。美しい日本語表現を模索する本では決してないので、要注意。

意外と熱を帯びている部分があって、予想していたよりも読みにくかった。筆者の考えと相反する意見は、かなり厳しく切り捨てられている。あまり良い気分で読める本ではない。

でもそこを軽く受け流してしまえば、役に立つ部分はたくさんあった。特に役に立ちそうなのは、第二章の「修飾する側とされる側」と第三章の「修飾の順序」。ここを意識するだけで、分かりやすい文章にだいぶ近づくんじゃないかと思う。