ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

「8mm」

8mm [DVD]

8mm [DVD]

昨日は念願のアウトレイジビヨンドを観た。遂に観た。撮影が1年も延期されてなんかもう焦らされまくって発狂するとこだったけど、ギリギリセーフで間に合った。
いやー北野武すごい!天才!あと3回は観に行きたい!

というテンションで迎えた3連休最終日。映画を観るか1Q84を終わらせるか悩んだけど、楽なほうを選んで映画に。公開当初に「面白そうだなぁ」と思っていた作品を選んでみた。うーん、1Q84のほうが良かったかな・・・

Nicolas Cage扮する私立探偵は、依頼人である老婦人から、彼女の夫が遺した8mmテープについて調べてほしいと頼まれる。そのテープには、少女がマスクを被った男に惨殺される様子が記録されていた。彼は調査に乗り出すが、徐々に不法ポルノの世界に足を踏み込むことになり―

という話。まぁ不法ポルノを丸写しにするわけにはいかないだろうけど、それにしても題材のわりに退屈な作品だった。映像だけじゃなく、展開を読むのも簡単すぎて、サスペンスと呼びたくないほどのスリルの無さ。
いちばんモヤっとしたのは、スナッフをどう扱いたいのかが伝わってこなかったこと。スナッフが主題なのか、主人公の心理的変化が主題なのか、それともただのエンターテイメントにしたかったのか。どれにしても中途半端。私は何にしても、主題の分からない作品て面白いと思えないんだよなー。

やっぱりアウトレイジに勝る映画はなかなか無いね(^ω^)