読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)

こんにちは。
長距離走大嫌いだった私が、昨日味の素スタジアムで開催されたリレーマラソンに出場。8kmも走ったところ、今日はお腹から下が激しい筋肉痛。動くのがつらい。くしゃみは地獄。ということで、huluでおとなしく映画鑑賞。

インセプションと迷ったんだけど、インセプションは映画館で1回観てるし、まぁたまにはジョニーデップでも観るか・・・とこれにした。感想は「微妙」の一言。

2001年に話題になったMoulin Rouge。2002年にヒットしたChicago。ミュージカル映画に対して特に苦手意識はなく、Chicagoに関してはDVDも持っている。だから本作品も大丈夫だろうと思ったんだけど、開始30分くらいで肝心の「歌」にウンザリしてきた。歌部分が長すぎるんじゃないかと思う。

映像は全体的に暗くて、同じシーンばかりで単調。そこに残酷(?)なシーンがちょいちょい挟まれてスパイスになるはず!と思ったけど、同じような歌が何回も流れるせいでそのスパイスも台無し。端的に言えば、めりはりが無い映画。何をしたいんだかよく分からない映画。

R15指定だから、それなりに「あらまぁ」というシーンはあるんで、ちょっとのグロさで「きゃー!」となれる人は面白いかも。グロの閾値が高すぎるもの問題だな・・・