読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

殺人の追憶(ポン・ジュノ)

映画/DVD

殺人の追憶 [DVD]

殺人の追憶 [DVD]

今日で正月休みも終わり。明日から仕事だと思うと泣きたくなる。そんな気持ちを堪えて、2003年に韓国のアカデミー賞・大鐘賞を受賞した本作品を観た。

1986〜1991年にかけて韓国で実際に起こった事件(華城連続殺人事件)をモチーフに作られた映画。雨の日に赤い服を着た独身女性が殺害されるという連続殺人事件の犯人を、その村の刑事とソウルから来た刑事が追う。

なんというか・・・うーん。そこそこ面白いけど、「傑作」と言われると「そうなの?」と思う。題材も目新しくないし、誤認逮捕や自白の強要や、大声で喚き散らす粗暴な田舎の刑事と落ち着いていて頭の良い都会の刑事という比較も、誰でも考え付きそうな設定。「どこかで観たような話」という感は否めない。

全体的に「ふーん」ってスタンスで見てたけど、ラストシーンで主人公が見せる表情は印象的だったなぁ。