読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

さくらん

映画/DVD

さくらん [DVD]

さくらん [DVD]

休み明けの仕事がとっても苦痛で完全に鬱モードに入ってたけど、昼まで寝たら回復した。睡眠は大事。

京極夏彦の「死ねばいいのに」が文庫化されてて買ったけど、とりあえず今日は軽い映画を観る気分だったんで、一時期話題になってた(かどうかは定かではない)この映画を選択。

幼いころに身売りされた主人公(土屋アンナ)が、吉原の世界で花魁の頂点に登りつめていく、というありがちな話。展開もありがちで、内容については特に何も思うところはないww

蜷川実花の初監督作品で、楽曲を提供しているのが椎名林檎。ということで、映像と音楽は女子好みなんじゃないかと思う。セットや衣装はド派手で、まぁセンスが良いかどうかはよく分からないけど、見てる分には楽しい。音楽も、椎名林檎だけあって、女の感情をうまく表していると思う。

あとは、成宮寛貴安藤政信椎名桔平と、私の好きな俳優が3人も出てたり、菅野美穂木村佳乃が色っぽーいお姉さんを演じていたり、話のつまらなさは別にして、やっぱり絵面は良いww 土屋アンナも、演技は下手だけど存在感はある。

結論としては、お金を出して観たいとは思わないけど、絵面と音楽は良いね!ってとこかな。