読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

池上彰 「知らないと恥をかく世界の大問題」

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

こんにちは。最近はお酒を飲む量がどんどん増えていて、そのうちアル中になるんじゃないかと一抹の不安を感じている。平日は飲まないから大丈夫かな? ワインとかウィスキーとか日本酒とか、お酒の勉強もしたいなぁ。

と思いつつ、お酒よりも知っとくべきことは腐るほどあるってことで、また池上さんに助けを求めた。今回は、題名のとおり、世界で起きている問題を解説してもらった。

この本自体は2009年に出版されたんで、ネタとしては古いものが多い。とはいえ完全に単発で生じる問題なんてこの世には無いわけで、2013年現在で起こっている問題を理解するうえで必要なことがたくさん載っている。

「この話を重点的に」という偏りは特になく、世界で起こっている問題をまんべんなく解説している本。内容としては本当に触りの部分だけなんだけど、それぞれの問題の根本にあるものを示してくれるので、流れるように頭に入ってくる。
さらには、問題どうしの繋がりや共通点も解説されているので、「面白い」と思いながら勉強できた。「恥をかく」レベルからは脱却できたはず! これで知ったつもりになっちゃいけないのは勿論だけどね。

この本はシリーズ化されていて、2012年に第3弾が出ている。でも、2008年にはリーマンショックが起こり、2009年には、アメリカでオバマ大統領が誕生し、日本では自民党から民主党に政権が移った。その直後に書かれたこの第1弾を読んでみるのも、絶対に無駄にはならない。