読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

A Nightmare on Elm Street (Wes Craven:1984)

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

暑い。どうしよう。ということでホラー映画を観ることにした。小さいときに観た記憶はあったんだけど、内容が全く思い出せなかったんだよね。

エルム街の悪夢

高校生のナンシーは、気味の悪い風貌の男に追われるという悪夢に悩んでいた。すると、友人のティナも同じ悪夢をみていると言う。ある晩、怖がるティナの家に仲間で泊まることになるが、そこでティナが殺されてしまう―

なんとなーくの記憶の中では「女の子がギャンギャン喚いてる」っていう印象だったんだけど、見返してみるとそこそこ練られたホラー映画だった。ただ全然怖くなかった。私の納涼計画は失敗に終わりましたww

もう30年近くも前の映画だから仕方ないだろうけど、とりあえず殺人鬼フレディの描写が滑稽すぎて何も怖くないww 登場シーンにやたらポップな曲流れるのは、何を目的にやってるんですかねw
やっぱり感覚の違いが大きすぎるのか、洋物ホラーはなかなか難しいなぁと思った。いや、実際にフレディに追い掛けられたら嫌だけどさ・・・

シリーズものになってて、この第1作目以降はギャグ要素も入っているらしい。まぁそっちに逃げた方が無難だよね、っていうくらい軽いホラーだった。あーあww