読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

鴨川ホルモー(本木克英:2009)

映画/DVD

 

鴨川ホルモー [DVD]

鴨川ホルモー [DVD]

 

 明けましておめでとうございます。今年のテーマは「無理をしない」です。え、やる気が出ないことを諦めたわけではありませんよ。

ってことで、今年1本目の映画は「鴨川ホルモー」。いいですねくだらないですね楽しいですねサイコ―ですね!

2浪して京都大学に入学したもののすっかり気の抜けていた安倍(山田孝之)は、青竜会というイベントサークルに勧誘される。新歓の飲み会で早良(芦名星)に一目惚れした安倍は、友人の高村(濱田岳)を誘って青竜会に入会することを決める。しかし、青竜会はイベントサークルなどではなく、オニを操って戦う「ホルモー」という競技を行う伝統的なサークルであった―

「くだらないだけでつまらなかったらどうしよう」という不安もあったけど、普通にちゃんとした起承転結があって、俳優陣の演技も秀逸で面白かった。こういう映画だと、役者さんたちは何を思いながら演技するんだろうww
あとは、何よりオニが可愛い。私もオニを引き連れたい。ほんと可愛いオニ。

この映画の原作は、万城目学の同名小説。万城目氏は「鹿男あをによし」や「プリンセス・トヨトミ」なども書いている人らしい。なんというか…ド変人なんだろうなぁ。この話を小説で書いてるあたりがもうド変人でしょう。素敵な人。

大晦日は恋の罪、元日は鴨川ホルモーと、もはや何処に向かうのかサッパリわからない感じで2014年も始まりました。今年も適当に、頑張りたくなった時は頑張ろうと思います。