読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

Taking Lives (D. J. Caruso:2004)

 

テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版 [DVD]

テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版 [DVD]

 

 ホリエモンの本を読んでから約1ヶ月。何をしていたのかといえば、転職活動をしていた。そして見事成功。ホリエモンの威力が思いの外すごくてビックリした。ほんとホリエモン様様だわぁ。

ということで、久しぶりにゆっくり映画を見た。Huluのオススメに表示されていたけど、あまり面白くなかった。

1983年のカナダ。Martin(Paul Dano)という少年は家を出るが、しばらくして彼が交通事故死したと報じられる。
それから20年後。モントリオールで顔を潰された死体が発見される。同様の手口の殺人事件の捜査に行き詰っていた現地警察は、FBIに応援を要請。優秀なプロファイラーであるIlleana(Angelina Jolie)が応援に駆けつける。
そんな折、新たに殺人事件が発生。目撃者であるCosta(Ethan Hawke)に犯人の魔の手が迫っていると判断したIlleanaは、彼をおとりに犯人をおびき出そうとするが―

まさに「失敗したサイコサスペンス」という感じだった。どの登場人物もいまいち魅力的じゃないし、犯人の心理に深く切り込むわけでもない。サイコサスペンスっぽい要素は随所に見られるけど、どこかで見たような在り来りなものばかりで全く新鮮味が無く、「名作の手法を手当たり次第取り入れました」という印象しか受けなかった。

アンジーの裸体を見たい人にはいいかもね~笑