読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

ヘルタースケルター(蜷川実花:2012)

 

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

 

 蜷川実花の映画は2回目。「さくらん」で失敗したのにまた観てしまったのは、「沢尻エリカの演技って観たことないな」という単純な思い付きのせい。今回も失敗、というか大失敗。二度あることは三度あるっていうし、この監督は本当に映画の才能ないんだろうなぁ。

りりこ(沢尻エリカ)は誰もが憧れる完璧な美女。モデルや女優として揺るぎない地位を勝ち取った彼女であったが、その正体は全身整形を施されたブスでデブな女。その事実を知るのは、りりこが所属する事務所の社長(桃井かおり)とメイク担当の沢鍋(新井浩文)だけであったが、手術の副作用でりりこの体は蝕まれ、次第に常軌を逸していく…

とりあえず、「つまらん」の一言。沢尻エリカの演技は結構迫力があったし、原作を読んでないので分からないけど話は面白いとは思った。でも、この映画自体は本当につまらない。1時間過ぎたあたりで「まだ1時間もあるの…」と絶望し、読みかけの小説を読み始めてしまった。それくらいつまらない。

素人から観ても、無駄なカットが多すぎる。冒頭に延々と続くりりこの撮影シーンは、りりこの人気を表すためなのかもしれないけど長すぎる。あれは何だろう、沢尻エリカの復活をアピールするため?笑 でも普通にちゃんと演技してるんだから、やっぱり不必要だと思う。あとは、世間の反応を示すために女子高生たちがりりこを話題にしているシーンも長すぎ。映画の最中にバカな無駄話を聞かされる観客の身にもなってほしい。
大森南朋扮する検事の麻田も全くリアリティが無いために、りりこに迫ってくる緊張感みたいのが全く感じられなかった。派手なだけでメリハリが無いのは「さくらん」から変わっていない。

もっと上手な人が監督やって、蜷川実花は美術担当ぐらいの方が良かったんじゃないかと思う。役者の無駄遣いでしょこれは。まぁお父様が蜷川幸雄じゃ、周りの業界人はそんなこと言えないだろうけど。