読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

成功のための未来予報(神田昌典、2013)

成功のための未来予報

 

昨日犬神博士でうまい具合に息抜きしたので、今週も良いスタートダッシュをきれた。金融の勉強はなかなか面白い。というか、知らないことが多いから、脳がぐんぐん知識を吸収してるのが分かって気持ちが良い。必要だと思ってやる勉強ほど楽しいことはない。

ということで、乗りに乗って一冊。といっても、神田氏が2013年に高校生に向けてしたスピーチを文字に起こしたものなので、ほんの1時間足らずで読める。日本中のUnder25に読んでほしいと思った。それこそ道徳の授業で使ったらいいのに。って、「学校がなくなる」とか書いてあるから、普通の教師の感覚じゃ無理かなww 


内容は2022とあまり変わらないけど、高校生相手のスピーチなので小難しい話が端折ってあり、その分シンプルに胸に響く。特に「国境がなくなる」と「貧困がなくなる」は胸が高鳴った。思い付いたことを行動に移すための基盤はいくらでも揃っている。あとはいつ行動に移すかだけだ。

結局のところ、自分を現状に繋ぎ止めているものは自分自身だと最近よく思う。実は鎖なんてなくて、自分が杭にしっかり掴まっているだけだったりする。なんだかよく分んないけど、どうやらあっちには面白い世界があるらしい。それが分かっちゃった今、この手を離すかどうかなんて愚問でしかない。やっぱりアドレナリン出る方に行きましょ(笑)