ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

靴の断捨離

デスク+チェア+棚という大物を捨てたら、ベッドもチェスト(みたいなやつ)も捨てたくなってきた。この2つを捨てたら、部屋にある家具はローテーブル・テレビ台・本棚だけになる…広い!
「何もない部屋」には程遠いけど、家具が3つになったら、どんな人の部屋でもかなり広くなるんじゃないかと思う。広い部屋に引っ越す必要なくなる。

けどまだそこまでのレベルに達してないので、手を付けやすいところから…

ということで、靴を捨てた。
テーマは「見た目が好き」をどう乗り越えるか!だった。これはたぶん、ファッション系の断捨離には必ず付いて回る試練ですね。

男性はスーツ=革靴ってある程度決まっているけど、女性は季節でも変わるし服のテイストに合わせて変わるし、なんだか知らない間に増えてるんだよね。

色んなバリエーションの服を着なきゃオシャレじゃないみたいな思い込みがあるけど、それってただのファッション業界の刷込み。服のテイストを統一したら靴も減らせるんじゃ!と気付いた。頭を悩ませることが減っていくのが気持ちいい。別にジョブズ目指してるわけじゃないけど。

logmi.jp

ということで、なるべく感情を無にして捨てる靴を選んだ。

①下駄箱に入っている靴を数えた。19足。意外と多くてビックリ。
②履き心地の悪い靴を排除。細いハイヒール2足、靴擦れができるサンダル1足(後列の3足)。なぜ今まで我慢して履いていたんだろう…
③出番が少ない靴を排除。前列4足。

f:id:ailovehide219:20150824231542j:plain



でもまだ12足も残ってるんだなこれが。ミニマリストには程遠い(笑)
せめて6足くらいに抑えたいなぁ…ということで、いつも参考にしているしましまさんのブログに助けを求めた。

bibibi100.com

カジュアル系2足、キレイめ2足、その他3足としたって、計7足でいける。
履き心地が良くて気に入ったのを色違いで買うってのもありかな。わたしが今検討してるのはCAMPER。地味すぎず派手すぎず、履き心地も良さそう。

物を減らすと「厳選しよう!」って意識が高くなって、充実感が高まってくるみたい。