読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

The Intern(Nancy Meyers, 2015)

映画/DVD

マイ・インターン [DVD]

明けましておめでとうございます! 2017年のお正月、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。わたしは「元日くらいはゆっくりしよう」ということで、超久々に映画鑑賞を選択しました。

 

急成長中のアパレル会社の社長を務めるジュールズ(Anne Hathaway)は、激務に追われながらも、家事を担当してくれる夫とかわいい娘を大事にしながら全力で日々を過ごしていた。
ある日、会社が募集していたシニアインターンとしてベン(Robert De Niro)がジュールズの直属の部下になる。始めはベンに何の期待もしていなかったジュールズだが、彼の気遣いや優しさに触れ、次第に心を開き始める。
そんな折、ジュールズに私生活と仕事の両面で大問題が勃発。周囲になかなか本心を明かせないジュールズは、唯一本音を話せるベンから勇気をもらい…

 

2016年に私の心に刺さった棘を優しく抜いてくれるような、優しい映画でした。終始優しい。ベンのおっきい優しさとジュールズの一生懸命さが合わさって、単純に幸せになれる。

 

安心して本音を語れる相手、というのは超貴重な存在だと思う。

精神的に大変なときというのは大抵の場合「変化を起こそうとしているとき」なわけで、そして、変化には大きな決断がつきものだ。どうすればいいんだろうと迷っているときに「きみの幸せになれる道を選べ」と支えてくれる人がいたら、どんなに心強くて助かるだろう。弱音を吐いても涙を見せても、大丈夫だって言ってくれる存在。…うーん、さすがに同年代にこの器の大きさを求めるのは無理か(笑)

 

もちろん、ベンだけじゃなくてジュールズの魅力も十分にある。気が強くてちょっと自分勝手で、でも情熱があって「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言える。愛する家族と会社を両方ともあきらめたくない!というパワーがあるからこそ、ベンもジュールズを心から応援できるんだと思う。
わたしも気が強いし誰とでもうまくやっていけるタイプじゃないから、せめて素直でいることくらいは心掛けないとなぁ(´ω`;)

 

2017年、わたしも心優しい人たちに囲まれていることだし、過去は振り返らずに淡々と前進しますか~。