読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

自分の時間を取り戻そう(ちきりん、2016)

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

ある日の24時近く、酒とタバコのにおいが充満した電車の中。ひとり素面のわたしは、この本に対するAmazonレビューを流し読みしながら首を傾げていた。

 

ちきりんって結構アンチ多いのかなぁ。それともそんなに内容が薄いんだろうか…

 

まぁでもとりあえずちきりんなので、ということでポチったわけだけど、好き嫌いが別れる理由はよーく分かった。組織に(思考も体も)縛られている人からしてみれば、「こんなの実現不可能」と感じるのも無理はない。

 

前提となるのは“高生産化社会”だ。第1章で結構な分量を割いて説明されているし、ここをスルーしてただのハウツー本として読むのはあまり意味がない気がする。

 

生産性とは「時間やお金など有限で貴重な資源」と「手に入れたいもの=成果」の比率のことです。後で詳しく書きますが、ここでは「希少資源がどの程度、有効活用されているかという度合い」だと考えてください。

 

つまり、生産性が高い状態というのは、より少ない希少資源で欲しいものを手に入れられる状態や、同じ希少資源の投資量でより大きな成果を得られる状態のこと。「手に入れたいもの」は人によって違うから、効率の良さとはちょっと意味が違う。

UberAirbnbの台頭に代表されるように、世の中は急激に「高生産化」に向かっている。(日本はともかく)これからの世界では生産性の低いものは淘汰されていく。ということで、

 

大半の人が働かなくてもいいくらい生産性の高い社会が実現するかもしれない今、私たちにはなにが求められるのか?

 

が本書のテーマだ。会社であれば生き残るために生産性を高める必要があるのは当然だろうし、個人レベルでも、生産性の低い生き方では時間に追われてばかりになってしまい、寿命100年時代を生き抜くには苦しすぎる。社会の流れと同じように、個々人の生産性を高めることが大切、というわけだ。

 

正直な話、自分にとって何が大事なのか、自分の希少資源を何に投資したいのかを考えていない人には、あまりピンとこない本かもしれない^^;

漠然と「時間が欲しいなあ」くらいで読んでも、“そんなに深い悩みでもないのに友達が熱心にアドバイスをくれている”ときの違和感に近いものを感じるんじゃないかと思う。時間やお金を資産とみなしてうまく運用しようっていう話だから、思いのほか大きな思考の転換を求められていると思う。投資家感覚の重要性は同じくマッキンゼー出身の瀧本さんも強調しているから、これからますます求められるんだろうなぁ。

 

「上から目線」「できないから困ってる」みたいなレビューをしている人と、明日からちょっとでも取り入れてみようと思う人。どっちになるかは自己責任。私はもっと生産性を高められるように頑張ります!