読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

ドラッカー流「フィードバック」手帳(井坂康志、2016)

読書

自らをマネジメントするドラッカー流「フィードバック」手帳

Amazonレビューを鵜呑みにしてはいけません。

 

いやぁ…ドラッカーというワードとAmazonでの評価の高さに引っ掛かってしまいました。お恥ずかしい限りです。

 

ハウツー本なのに、高みを狙い過ぎてハウツー本になりきれていない。という致命的ミス!

 

正直、フィードバック手帳がどういうものなのか、スパッと伝わってこない。ハウツー本としてはここ数年読んだ中でかなりレベルが低い。

著者が超優秀なのは分かるし、ドラッカーも相当勉強してるんだろうということも分かる。でも読者は、言ってしまえば「ドラッカーに一度取材で会っただけ」の人が講釈を垂れるなんてこと、全く望んでいないと思う。少なくともわたしは望んでいない。

 

フィードバック手帳のやり方だけ教えてくれればいいんですよ。だって、ドラッカーの教えはドラッカーの本を読めばいいんだからさ…

 

てな感じで、この本の評価高いのおかしいでしょ…とAmazonレビューを見直してみて、もうガックリですよ。

 

よくよく読んだら、星5つ付けてるのってほとんど関係者ですよねコレ

 

いやー怖い。ネット怖い。Kindleだけで即買いするの危険すぎる。本屋で立ち読みしてから決めないとね!(本屋さんに謝れ)