ミニマリズムと読書ときどき映画と音楽。

ミニマリスト見習いのアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

MW(手塚治虫、1976〜‘78)

 

MW 手塚治虫文庫全集(1)

MW 手塚治虫文庫全集(1)

 

 

MW 手塚治虫文庫全集(2)

MW 手塚治虫文庫全集(2)

 

 

 

珍しく漫画続き。しかも手塚治虫

 

NHKの「100分de名著」という番組は知ってますか?

わたし伊集院光さんの大ファンで、深夜の馬鹿力(らじおとではない)も欠かさず聞いてまして、

伊集院さんが司会をしているこの番組も欠かさず見ているわけです。

 

この番組、通常は1冊の名著を4回に分けて読み解くんです。1回25分なので、1ヶ月で計100分。

で、年始は100分スペシャルで1つのテーマを扱うんですが、今年は手塚治虫スペシャルの再放送だったんです。

とっても濃いゲスト4名が、手塚治虫について語り合いました。

100分de名著スペシャル「100分de手塚治虫」2016年11月12日(土) 23時~深夜0時40分 Eテレ

 

やっぱり鉄腕アトムの話が多かったけど、中心からズレたところが気になる…というひねくれモードに入って、けっきょく丸善でMWを選びました!

 

梨園に生まれたエリート銀行マン・結城美知夫には、狂気の連続凶悪犯罪者としての顔があった。犯行を次々に重ねては、その後に教会を訪れ、旧知の神父・賀来巌のもとで懺悔を行う結城。2人は同性愛者として、肉体関係を結んでいた。

かつて結城は、少年時代に南国の沖ノ真船島(おきのまふねじま)を訪れた際に、同様に島を訪れた不良少年グループにかどわかされた経験をもつ。その際、同島に駐留する某外国軍の秘密化学兵器「MW(ムウ)」が漏れた。島民が相次いで変死する地獄絵を目の当たりにしたトラウマと、自らも毒ガスを吸ったショックから、結城は心身を蝕まれる。

不良グループの一員だった賀来とはそのときに出会い、賀来に強引に犯された。主従関係は変わっても、2人の奇妙な関係はその後も続いていたのだった。一方、沖ノ真船島の犠牲者たちは、外国軍および彼らと結託した政治家らの手によって跡形もなく処分され、島の秘密を知っているのは結城と賀来だけとなってしまう。

自分の心身の健康を奪われた結城は、当事者への復讐として数々の誘拐事件と殺人事件を繰り返した末にMWを奪い、全世界を自分の最期の道連れにしようとたくらむに至るー

 

いや〜ユニコみたいなかわいらしい絵を描く人がこの漫画を描いたとはにわかに信じがたい。全編にわたってドロドロしすぎ(笑)

この時代に同性愛とか政府批判とか、なかなかに挑戦的だよなぁ。そして巷に溢れる“マンガ”とは一線を画する重厚感!まるで小説を読んでるみたいな感覚だった。他の手塚治虫作品も読みたい!

 

ところで、ふと思い付いて、生きてる間にあと何冊本を読めるか計算してみました!

あと80年生きるとして(長生き!)、月に4冊読むとすると、

 

3840冊

 

しか読めない!少ない!!

 

ということで、読む本は厳選しないといけないなぁと気を引き締めたのでした。