ミニマリストの読書生活

ミニマリストを目指すアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

ちびしかくちゃん(さくらももこ、2017)

ちびしかくちゃん 1 (りぼんマスコットコミックス)

最近マンガしか読んでないなぁ。

久々に小説でも読もうかな。

 

丸善をブラブラしていたら、結局これを買ってしまった。

今はマンガモードなんだろうな…

 

主人公はまる子ではなく、しか子。ドジなのはまる子と同じだけど、気が弱くて気の毒な感じ^^;

 

そして、しか子の友人はたまちゃん、ではなくだまちゃん。

非常に性格の悪い子で、いつもしか子を笑い飛ばしたり陥れたりしている。

 

だまちゃんだけでなく、登場人物が全体的にちびまるこちゃんよりもクズになっている。

クズすぎて、笑えるか笑えないかスレスレの線を低空飛行している。このスレスレ感が、さくらももこの絶妙なさじ加減(笑)

 

「永沢君」で笑えた人は笑える可能性が高いかな…?

かなりシュールなので、子どもに読ませるのはオススメしません(笑)