ミニマリストの読書生活

ミニマリストを目指すアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

やめてみた。(わたなべぽん、2016)

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方 (幻冬舎単行本)


【期間限定価格】やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方(漫画)の電子書籍 - 無料・試し読みも!honto電子書籍ストア

 

やっぱり断捨離、奥が深いよねぇ。

以前から、「大好きな丸善に潰れてもらっては困る!」と思いながらも、「でも紙の本は増やしたくない、ううぅ…」と涙をのんでKindleを使ってました。あまりAmazon使わないから、特にメリットがないんですよね。

 

どないしよーと考えてみたら、そういやhontoのアカウント持ってたなぁと思い出しまして。というかクーポンのお知らせのメールは来てたんだけど、気に留めずスルーしてたんだよね。

 

もしやクーポン使ったらKindleより安いのでは…?!

 

と思い立って電子書籍ストアをチェックしたら、幻冬舎セールやら何やら…かなり安くなりそう!

 

いちおうKindleの価格もチェックしたら、ほとんどの本が同価格。だったらクーポン使えたほうがいいじゃん!ということで、hontoを復活させました。

丸善のポイントと合算できるから助かる〜うふふ(^^)

 

ということで、幻冬舎セールで気になる本を数冊ゲットしたうちの1冊が、漫画家のわたなべぽんさんの本著です。

どんな人なんだろうとググったら、30kgのダイエットに成功したと出てきてびっくり!

 

ジャンルとしては断捨離に分類されるのかな。マンガだからすごく読みやすくて、1時間かからず楽しく読める。

 

断捨離・ミニマリスト系の本は、断捨離のメソッドを教えたり理念を語っている本が多いけど、この本は「こういうきっかけでこれをやめた」というエピソードだから、全く押し付けがましくない。

 

モノだけじゃなくて色んな思い込みまで「やめられた」というエピソードを読むと、ジーンと来たり、そうそうと深く頷いたり。

自分が無意識にモノに投影している価値観が浮かび上がってきて、改めて「断捨離って奥が深い」と思った。

 

ということで、今回わたしはKindleをやめ、ついでにunlimitedも解約したのでした。

月々980円浮くの、どうしようかな(^^)