ミニマリストの読書生活

ミニマリストを目指すアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

さるのこしかけ(さくらももこ、1992)

 

さるのこしかけ (集英社文庫)

さるのこしかけ (集英社文庫)

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?月末ですね。

 

5月は、とりあえず好きなこと、興味をもったことをやってみることにした。

何より岸見先生にお会いできたし、HUNTER×HUNTERが超絶おもしろいことにも気付けたし(だいぶ遅い)、引越しも決まったし、髪も切ったし、プライベートはだいぶ回復したと思う。

 

5月最後は、さくらももこのエッセーでゆるりと締めました。

 

本作は、あの言わずと知れた名著「もものかんづめ」の続編みたいな感じ。

漫画家として大成功をおさめたあとの体験談が多く、日常の話が多かった前作とはちょっと雰囲気がちがう。

 

ちょっと意外だったのは、著名人と対談するんだな〜というところ。

というのも、今まで作品の中でしか「さくらももこ」を認識してなかったもので、頭の中ではフィクションの人になっていたらしい。

ポール・マッカートニー遠藤周作に会ったというエピソードを読んで、「あ、さくらももこって会える人なんだ」と、変な感動を覚えた(笑)

 

実在する人間と思って読むと、さくらももこの体験談はなかなか凄みがある。

こんなにドジな人が本当にいるんだ…と思うと、世の中いろんな人がいるなぁと、周りの人にも(少しだけ)興味が湧いたりする。

 

エッセーっていうのは、人間の多様性を知るのにもってこいの本なんだな、ということを知った5月でした。