ミニマリストの読書生活

ミニマリストを目指すアラサー女。最小化計画の進捗と、本・音楽・映画の感想

【上映中】音を立てたら即死!「クワイエット・プレイス」の感想&ネタバレ


f:id:ailovehide219:20181001210930j:image

昨日は月始め。ということはファーストデイ割引!

ということで、ずーっと気になっていた「クワイエット・プレイス」を観てきました!

 

仕事終わりに日本橋のTOHOシネマズで見たんだけど、なかなかの入り具合。

後ろの女の子3人組が直前までベラベラ話してて少し不安だったんだけど、始まったらだーれも一言も発さない緊張感。

 

登場人物といっしょに息を殺し、登場人物の行動にイライラして(笑)、疲れ果てた95分間でした。それだけ入り込んでたんだなーと満足満足!

 

作品概要

クワイエット・プレイス(米国、2018)
原題:A Quiet Place

 

時は2020年。“何か”が起こってから約3カ月。荒廃し静まり返った街の日用雑貨店で、アボット一家は音を立てないように、息を殺し足音を忍ばせながら、日用品を調達していた。そんな中、あまり状況を理解していない二男のボー(Cade Woodward)はひとり走り回り、音の出るロケットのおもちゃに手を伸ばす。父リー(John Krasinski)が優しく注意しおもちゃを取り上げ、一家は店を出るが、長女リーガン(Millicent Simmonds)が内緒でボーにおもちゃを渡してしまい―

 

 

スタッフ概要

監督:John Krasinski(米国、1979/10/20~)
本作では父親のリー役も演じている。テレビシリーズ“The Office”(2005~’13)のジム・ハルパート役で人気を博す。近年では、Amazon配給の“Jack Ryan”で主演と製作総指揮を務める。俳優や声優として多くの作品に出演すると同時に、映画監督として“Brief Interviews with Hideous Men”(2009)、“Promised Land”(2012)、“The Hollars”(最高の家族の見つけ方、2016)を手掛けている。


本作の母親エヴリン役のEmily Bluntとは、実生活でも夫婦である。

本作以前はコメディ作品に多く出演していたため、本作の話が来たときには「自分はホラー俳優ではない」と戸惑ったが、アイデアに夢中になってしまったこと、そしてホラーに詳しくなかったことで逆に、恐怖に遭遇した家族の物語を描けたことを、インタビューで語っている。

 

脚本:John Krasinski, Bryan Woods, Scott Beck
製作:Michael Bay, Andrew Form, Brad Fuller

 

本作では「静寂」が重要なファクターになっているんだけど、製作のMicheal Bayはトランスフォーマーのプロデューサーであり、音響にもトランスフォーマーゴジラの音響を担当した人をつけているという。いつも派手なアクションシーンの爆発音を作っている人たちが本作の静けさや細かい音を作り上げたと思うと、なかなか興味深いですね。

 

〈★★★★☆〉ご都合主義的な部分への?を除けば、スリル満点のサバイバルホラー

本編を見る前に仕入れた情報は特報のみ。「音を立てたら何かが殺しに来るという場所に、家族が住んでるらしい」「しかもママが出産間近?!」という、超基本的な情報のみで臨みました。

 

「なぜこの場所から逃げないのか?」

「どのくらいの期間この状態なのか?」

「この家族だけが狙われてるのか?」

「どの程度の音なら大丈夫なのか?」

 

いろんな疑問を抱きながら見始めたところ、冒頭部分でほぼ全ての事情が飲み込めました。

 

※この先ネタバレありです※

 

 

 

状況が分かると同時に、まず「靴履いてもよくない?」という疑問が生まれた(笑)

危ないじゃんね、裸足って…あの足音が平気なら、靴音でも大差ないんじゃ。

何か踏んだときに声が出ちゃうほうがヤバいと思うんだけどなぁ…まぁ、心許なさの演出なんだろうなぁ。

 

あと、冒頭で「何か」が初めて姿を見せるシーンとか、ママの足が痛い!ってなるシーンとか、水があぁちょっと…ってなるシーンとか。

1年以上生き残ってる数少ない家族にしては、ちょっと注意力なさすぎでは…?ってシーンがちらほらある。そしてそれがトリガーになって話が展開するんで、途中からちょっと冷静になってしまった。

まあねぇ…疲れてるんですと言われればそれまでだけど…

 

両親に賢いと思われている長女リーガンの賢さもあまり感じられず、最後に繋げるための設定とはいえ、ちょっとなぁ…という感じだった。

頼りなさげな長男マーカス(Noah Jupe)のほうが、ある意味状況を分かっていて(かなりビビってはいるけど)賢いように見えた。

 

そんな感じでご都合主義っぽい箇所が散見されるんで、ホラー慣れしてると途中でテンションが下がるかもしれないです。

感動シーンと言われている場面も、わたしは何だかなぁという気持ちだった。あのシーンだけでツッコミどころがいくつか!

 

でもやっぱり、音が立てられないという緊張感は凄まじい。

サバイバルホラーの定番だけど、全編にわたって音を立てちゃダメというのは、思ってた以上にこっちも緊張する!

 

やっぱり体はビクっとしてるわけだし、ラストはやったれー!って気分になるし、映画館が明るくなったら深いため息出るし、概ね満足!

 

ホラー慣れしてる人は、ホラー慣れしてない知人を言いくるめて一緒に見に行くと、無垢な気持ちを取り戻せるかもしれません(笑)